てるこんのこだわり

当店で加工している昆布はすべて北海道道南 南茅部産昆布です。
南茅部産昆布は、味、品質ともに優良な真昆布で日本一の昆布の里と呼ばれています。
その昆布の中で収穫量も少なく最もねばりのある昆布が、がごめ昆布です。当店では、酢や添加物を一切使用せずに、この昆布を加工しています。
すべて一等昆布ですが、等級に頼らず、店主みずからが「うまい」「ねばる」ことを確かめて仕入れます。これがかぢ町の照井昆布のこだわりです。

なぜ秋田の内陸部で昆布が?

内陸だからこそのうまいものへの執着

北前船の往来が盛んだった江戸時代、北海道から天下の台所・大阪まで北からの海産物を運んでいた航路のことを、『昆布ロード』と呼びます。 当時、日本海沿岸の港、港に立ち寄る船からは”ねばりのある上等な昆布から先に”陸揚げされていたという説もあり、秋田の港には他の港よりも先に品質の良いものが降ろされていたともいいます。そのような環境の中、新鮮な海産物を食すことが難しかった内陸地では海の栄養素のかたまり『昆布』を上手においしく食べる知恵・技術が発達しました。

特に羽衣のようにうすくやわらかいおぼろ昆布、専用の刃物で削る技術を要すものですが、このおぼろ昆布を削る刃物を整えることを称して『あきたをいれる』と今では全国に広がり昆布職人の間では、そう呼ばれています。
また、秋田県南部の内陸地では他の地区よりも一層、ねばりのある食べ物が好まれるという嗜好も見られます。粘らなければ昆布じゃない!と言われるくらい、ねばりの強さ=品質の良さ。上物の昆布をよりおいしくいただく技術、不足しがちな栄養素をすすんで摂取しようとしていた知恵が内陸の地で育まれていたのだと言えます。内陸の地だからこそ一層おいしく食べていたと言っても過言ではないかもしれません。そんな歴史が引き継がれ、現在でも内陸地で昆布が削られ、重宝されているのです。

削りたて、だからうまい

てるこんの昆布はご注文の都度、削りたての製品をお送りするようにしています。

職人の技により向こうが透けて見えるほど薄く手すきで仕上げています。厚く堅いガゴメ昆布は、機械で均一に仕上げることができないのです。
お米は精米したてのピカピカがおいしい!コーヒーも挽きたての豆は香りがグンと違います。刃物で削る昆布も同じ。削りたてはひと味もふた味も違うんです。

てるこんの『おぼろ昆布』『とろろ昆布』は、必要な分だけねかせておいた昆布をご注文ごとに削ってお送りいたします。ほかのお店で売られている昆布とは旨み、深みが断然違う!

昆布専門店の削りたての味をどうぞご賞味下さい。

ミネラル豊富で、ヘルシー!

昆布のネバネバが胃腸粘膜を守り、お肌の潤いを保ちます。海の豊富なミネラルをしっかり蓄え、カロリーはほとんどゼロヘルシー食品の代表格です!
フコイダンは、硫酸化多糖成分の総称で、コンブやモズク、ワカメ、ヒジキ、メカブなどの海藻類に含まれるヌルヌルを構成する主要成分の一つです。 これまで海藻に含まれるヌルヌル成分の一つであるアルギン酸(食物繊維)のコレステロール吸収抑制効果、ラミニン(糖たんぱく質)の血圧降下作用等多くの機能性がすでに注目されています。

食物繊維やビタミン・ミネラル・ヨードなど健康な食生活に欠かせない栄養素もたっぷり。
最近の研究では、昆布に含まれる成分にアレルギー症状や消化器系のガンを抑える効果があると報告されています。

稲庭うどんとも相性抜群。

秋田といえば、稲庭うどん!!
数々のメディアでも絶品ぶりを取り上げられる極上うどんですがこちらも産地は秋田県内陸南部。
削り昆布との相性も抜群なのです。

高級品で高嶺の花のような稲庭うどんですが、秋田では各家庭でも良く食されるものです。温かくいただくときの定番は、なめこや削り昆布(おぼろやとろろ)。ネバネバを愛する内陸南部の極めつけ!ともいった感じもします。「うどん」といえば関西のイメージも当然のことながら強いですよね。
うす味のお出汁に香り高い削り昆布。想像しただけでよだれが出てしまいそうです。